世界一周新婚旅行☆ドキドキ地球放浪記

夫婦二人、バックパッカーで世界一周新婚旅行の記録。

■ 海外生活日記内検索

■ 来てくれた人数

■ 

■ 海外生活お問い合わせ

情報や質問なんでも連絡下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ RSSフィード

■ ランキング投票場

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

FC2Blog Ranking

お立ち寄りありがとうございます。このバーナーはブログランキングの投票になります。押していただくと投票されて旅関連のブログランキングが表示されます。

■ 海外生活日記のリンク

  • 世界一周旅人ブログ☆1000日間世界一周の旅
  • もっちゃんの世界一周旅行☆(海外で満身創痍編)
  • このブログをリンクに追加する

    ■ 最近のコメント

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    【ナオとヒロのふらふら生活ブログもランキング参加中】
    僕たちのブログも応援していただけると嬉しいです。 バーナークリックで一票入ります。がんばってるなって感じてくれたら一票くださいね。
    ブログ村へランキング投票→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    人気ブログランキング投票→人気ブログランキングへ
    ついにインド!!バンコク→カルカッタ
    1月20日 インド コルカタ
    宿泊先『DELAX HOTEL』(トリプル 300ルピー)
    1ルピー=約2円
    カオサン→バンコク空港(ミニバス 130バーツ×2名)
    バンコク空港→コルカタ空港(エアインディア 4200バーツ×2名)
    コルカタ空港→ドムドム駅(ローカルバスNO.30B 6ルピー×2名)
    ドムドム駅→サダルストリート(ローカルバスNO.202 15ルピー×2名)

    ついに念願のインドの地に立った。ある人は、最悪の土地だと言い、ある人は最高だと言っていた。とにかく自分の目で見て、自分で感じたいと思う。
    正直、不安がない訳ではないが、こんな時僕は嫌な事を考えないように、そしてできるだけ良い事を考えるようにと心がける事にしてる。

    コルカタ空港からは通常タクシーで行くみたいだが、聞いた感じだと一人100ルピー。楽に行きたいと言う気持ちもあったが、バスを乗り継いで行く方法もあるみたいだったので、バスで行ってみた。
    バス停を探し、バスの番号の確認と地元のインド人に助けてもらい、なんとかドムドム駅までついた。ドムドム駅からは、地下鉄で行こうと思ったのだが、大きい荷物を持っているとセキュリティの関係で乗車ができないみたいで、断られてしまった。

    途方に暮れていたのだが、ここでもまた親切なインド人に出会い、ドムドム駅からサダルストリートまでのバスがあり、15ルピーで行けると教えてもらった。
    『インド人は嘘ばかりつくから気をつけろ』と聞いていたが、そうではなかった。先入観で疑っていた自分が恥ずかしく思える。

    そしてバスで1時間ほど走り、ようやくサダルストリートに到着。
    とりあえず、パラゴンや、マリアと言うゲストハウスを回ったが、なんとなくリラックスできそうな雰囲気ではなかったのでパスした。
    バックを持って歩いていれば、インド人が話しかけてきて、いろんな宿を紹介してくれる。その中でいくつか宿をみたが、一番面白そうな、デラックスホテルと言う素敵な名前のホテルに宿泊する事にした。
    【デラックスホテル入り口?】
    IMG_7012.jpg


    デラックスホテルはインド人が暮らしているマンションというか、アパートのような場所で、インド人と一緒に住んでるような雰囲気を味わえる所だ。
    インド一日目はこうして、無事に終わった。
    関連記事


    【ナオとヒロのふらふら生活ブログもランキング参加中】
    僕たちのブログも応援していただけると嬉しいです。 バーナークリックで一票入ります。がんばってるなって感じてくれたら一票くださいね。
    ブログ村へランキング投票→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    人気ブログランキング投票→人気ブログランキングへ














    管理者にだけ表示を許可する

    前へ ランダム サイト一覧 次へ 参加申し込み

    copyright 2005-2007 世界一周新婚旅行☆ドキドキ地球放浪記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。